不要品回収と不用品買取のケースによるお得な活用法は

>

自治体に依頼して処分する

コストを抑えて処分をするなら自治体に

自治体では不用品の内容によって回収方法が異なります。

ルールが細かいのと、住んでいる自治体によっても変わったりするので、捨て方を調べながら分別する必要があるので少々面倒だったり、処分を後回しにしてしまってなかなか片付けないのがネックではあるのですが、費用がわかりやすく安い金額で処分をすることができます。

粗大ゴミに関しては事前予約をしたり、回収シールを購入したり、指定された日時に運び出したりしなければならなく一仕事な感じはありますが、低コストで処分できるとお得な感じはします。

マンションなど建物の構造上の問題で指定の場所まで運び出すのが難しいとなると自治体での回収は難しくなってしまうので、低コストではあるものの捨てる際の労力的な負担が大きいというデメリットがあります。

自治体では回収されない品物も多い

料金以外で不用品の回収を不用品回収業者と自治体を検討するなら、大きな違いは回収してもらえる品物の違いにあります。

自治体では回収出来るものが限られております、バッテリーやタイヤ、消火器や耐火金庫、運搬の際に危険を伴う恐れのある物など回収不可能な品物が多くあります。

中でも家電リサイクル法に該当するテレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどはどこの家にも存在するのに、使っていれば壊れて処分が必要になるのに自治体で簡単に処分でないと言う厄介な品物です。

不用品回収業者も危険物に該当するものは対象外ですが、基本的にはどんな品物でも回収はしてくれるようです。

もうちょっと融通が利いてくれると有難いのにと感じるのが自治体の不用品回収です。


この記事をシェアする